公正証書遺言をオススメする5つの理由

 #遺言書

公正証書遺言をオススメする5つの理由

「公正証書遺言の何がいいんだろう?」

ネットや書籍で遺言書のことを調べると「公正証書遺言がオススメ!」と書いてあることが多いです。それに司法書士や弁護士に遺言書のことを相談すると公正証書遺言をオススメされることがほとんどなのです。

なぜみんな公正証書遺言をオススメするんでしょうか?この記事では、その理由を5つに分けてご説明します。

相続手続き全部おまかせサポート【詳細はこちら】

公正証書遺言とは

公正証書遺言とは、遺言書の種類の1つで、公証人(元裁判官など)と2名の証人(遺言に関係ない方)が立ち会い、公正証書で作成された遺言書のことを言います。

公正証書遺言をオススメする理由

司法書士や弁護士が公正証書遺言をオススメするのは以下の5つの理由があります。

理由1 遺言書が無効になってしまう可能性が極めて低い

公正証書遺言は作成の際に、公証人や弁護士、司法書士などの専門家が手続きに関与しますので、要件が不足していて遺言書が無効になる可能性は極めて低いです。逆に自筆証書遺言は、専門家が手続きに関与しなくてもよいので、要件が不足し無効になりケースが多々見受けられます。公正証書遺言なら自分の思いを、残された方に確実に伝えることが出来るのです。

理由2 遺言書の偽造や紛失のリスクが極めて低い

公正証書遺言は原本を公証役場で保管してくれます。遺言書を作成した本人にはその写しが渡されます。万が一相続人がその写しを偽造したとしても、原本は公証役場にありますので、偽造されたことがすぐに分かります。また、原本が公証役場にあるので、紛失してしまうリスクは極めて低いです。

理由3 相続人の負担が減る

遺言書の検認は、公正証書遺言以外の遺言書で必要になる手続きです。この手続きをしないと遺言書を相続手続きで利用できません。検認手続きは戸籍謄本などの書類を集めたり、平日に家庭裁判所に行かなければならないなど、残された相続人に負担になります。

公正証書遺言であればこの検認手続きは不要ですので、高齢の配偶者が相続人だとしても負担を軽減できます。

理由4 遺言書の検認が不要なのですぐに相続手続きができる

前述の検認手続きには手早くやっても約2ヶ月の期間が必要になります。それは戸籍謄本などの必要書類を集める作業で約1ヶ月、家庭裁判所での手続きに約1ヶ月の時間が掛かるからです。つまり、公正証書遺言以外の遺言書では、すぐに相続手続きがしたくても出来ないのです。

公正証書遺言であれば、検認手続きが不要なためすぐに相続手続きに着手出来ます。

理由5 争いの火種を未然に防止できる

遺言書の内容に不満がある相続人は「本当に本人の遺言書なのか?」と争ってくることがありますが、公正証書遺言ではそのような争い方はほぼ防げるでしょう。なぜなら、公正証書遺言は作成する際に、公証人や弁護士、司法書士などの専門家が本人と直接会って本人であることや、遺言書の内容を確認しているからです。

このような争い方がされるのは、自筆証書遺言です。自筆証書遺言は証人や専門家などを必要としないので、本人の遺言書なのか争える余地が出来てしまいます。争いの火種を未然に防止したいなら公正証書で遺言書は作成するべきでしょう。

まとめ

公正証書遺言は法律の専門家が関与する遺言書なので、自筆証書遺言のように無効になる事がほとんどありません。そのため遺言を作った方の思いがそのまま残せる可能性が極めて高いのです。せっかく書いた遺言書が無効になってしまったら目も当てられませんよね。それに、遺言書が無効になったことで争いの火種になる可能性すらあるのです。

争いの火種になる可能性を少しでも減らし、確実に遺産を残すためにも遺言書は公正証書遺言にしましょう。

相続手続き全部おまかせサポート【詳細はこちら】

あわせて読みたい記事

最新の記事

もっと見る

ご相談の料金プラン

各サービス名をクリックすると詳細情報をご覧いただけます。