法定相続人とは

相続手続き全部おまかせサポート【詳細はこちら】

法定相続人とは

相続人となる権利を持つ人のこと

法定相続人(ほうていそうぞくにん)とは、相続が開始したときに相続人となる権利を持つ人のことです。

法定相続人になれる権利がある人は民法という法律に定められており、具体的には①配偶者②子③直系尊属(「ちょっけいそんぞく」父母や祖父母のこと)④兄弟姉妹が法定相続人となります。そして、法定相続人には順位があり先順位の人から順番に相続人になるのです。

民法で厳格に決まっている

亡くなった方には配偶者や子供、親、兄弟姉妹、伯父、伯母など様々な親族がいます。そのため、誰が相続人になれるのかがはっきりしないと、親族同士で争いになってしまう可能性があります。

このような問題を解決するため、民法で法定相続人になれる権利がある人を厳格に定めているのです。

配偶者、子、直系尊属、兄弟姉妹とは

配偶者

配偶者(はいぐうしゃ)とは、亡くなった方と婚姻関係にある人のことです。つまり婚姻届を出した人です。そのため、内縁の妻や離婚した元妻、愛人などは配偶者ではなく法定相続人にはなりません。

子(こ)とは、亡くなった方の実子(血の繋がっている子)や養子(養子縁組をした子)のことです。また、この世にまだ生まれていない胎児であっても子に含まれ法定相続人になります。

さらに、結婚していない男女の間で生まれた子(非嫡出子(ひちゃくしゅつし))であっても法定相続人となります(ただし認知が必要な場合もあります)。

直系尊属

直系尊属(ちょっけいそんぞく)とは、亡くなった方の父母や祖父母のことです。祖父母は父母が全員亡くなっているときに、はじめて法定相続人となります。父母と祖父母が一緒に法定相続人になるのではありません。

兄弟姉妹

兄弟姉妹(けいていしまい)とは、亡くなった方の兄弟姉妹のことです。亡くなった方に父母どちらかを同じくする兄弟姉妹がいる場合、その方も法定相続人となります。

法定相続人となる順番

配偶者は常に法定相続人

配偶者は、相続をするのに順位が付けられることはなく、常に法定相続人となります。配偶者以外に法定相続人がいない場合には配偶者のみが法定相続人となり、配偶者と他の相続人がいる場合には、配偶者とその相続人が法定相続人となります。

第1順位の法定相続人は子

子は、第1順位で法定相続人になります。子が複数いる場合その子はすべて第1順位で同列の扱いです。亡くなった方に配偶者がいなければ子のみが法定相続人となり、配偶者がいれば配偶者と子が法定相続人となります。

第2順位の法定相続人は直系尊属

直系尊属は、亡くなった方に第1順位の子がいない時にはじめて法定相続人となります。子がいる場合は法定相続人になりません。亡くなった方に配偶者がいなければ直系尊属のみが法定相続人となり、配偶者がいれば配偶者と直系尊属が法定相続人となります。

第3順位の法定相続人は兄弟姉妹

兄弟姉妹は、亡くなった方に第1順位の子、第2順位の直系尊属がいない時にはじめて法定相続人となります。子や直系尊属がいる場合は法定相続人になりません。亡くなった方に配偶者がいなければ兄弟姉妹のみが法定相続人となり、配偶者がいれば配偶者と兄弟姉妹が法定相続人となります。

相続入門の人気記事

相続手続き全部おまかせサポート【詳細はこちら】