法定相続分とは

相続手続き全部おまかせサポート【詳細はこちら】

法律で認められた遺産の取り分

法定相続分(ほうていそうぞくぶん)とは、それぞれの法定相続人に認められた遺産の取り分のことです。

法定相続分の割合は?

法定相続分は、誰が相続人になるのかでそれぞれの持分が変わります。一般的なケースを見ていきましょう。

ケース1 相続人が妻のみ(子、直系尊属、兄弟姉妹がいない)のとき

法定相続分の割合 相続人が妻のみ(子、直系尊属、兄弟姉妹がいない)のとき

この場合は、配偶者がすべてを相続します。

ケース2 相続人が子2名のみ(配偶者がいない)のとき

法定相続分の割合 相続人が子2名のみ(配偶者がいない)のとき

この場合は、長男Cと次男Dが2分の1ずつ相続します。

ケース3 相続人が妻と子2名のとき

法定相続分の割合 相続人が妻と子2名のとき

この場合は、妻Bが2分の1を取得し、長男Cと次男Dが4分の1ずつ相続します。

ケース4 相続人が妻と父母2名のとき

法定相続分の割合 相続人が妻と父母2名のとき

この場合は、妻Bが3分の2を取得し、父Eと母Fが6分の1ずつ相続します。

ケース5 相続人が妻と祖父母2名のとき(父母は死亡)

法定相続分の割合 相続人が妻と祖父母2名のとき(父母は死亡)

この場合は、妻Bが3分の2を取得し、祖父Gと祖母Hが6分の1ずつ相続します。

ケース6 亡くなった方に子や孫おらず、妻と父及び祖父母がいるとき(母は死亡)

法定相続分の割合 亡くなった方に子や孫おらず、妻と父及び祖父母がいるとき(母は死亡)

この場合は、妻Bが3分の2を取得し、父Eが3分の1を相続します。

ケース7 亡くなった方に子や孫、直系尊属がおらず、妻と亡くなった方の兄2名がいるとき

法定相続分の割合 亡くなった方に子や孫、直系尊属がおらず、妻と亡くなった方の兄2名がいるとき

この場合は、妻Bが4分の3を取得し、兄Iと兄Jが8分の1ずつ相続します。

ケース8 亡くなった方に子や孫、直系尊属がおらず、妻と亡くなった方の兄1名及び異母兄弟1名がいるとき

法定相続分の割合 亡くなった方に子や孫、直系尊属がおらず、妻と亡くなった方の兄1名及び異母兄弟1名がいるとき

この場合は、妻Bが12分の9を取得し、兄Iが12分の2、異母兄弟Kが12分の1を相続します。

相続放棄があると相続の割合が変わる

相続放棄とは

相続放棄(そうぞくほうき)とは、相続人が被相続人の権利や義務を一切受け継がないことを家庭裁判所に申し立てる手続きです。

相続の割合が変わる具体例

法定相続分の割合 相続放棄など相続の割合が変わる具体例

この場合は、相続放棄をしていなければ子C、D、Eはそれぞれ6分の1ずつ相続していましたが、子Cが相続放棄をすることにより、子Cは相続人の頭数から外れ、子D、Eがそれぞれ4分の1ずつ相続することになります。

相続入門の人気記事

相続手続き全部おまかせサポート【詳細はこちら】